入園をご検討の方
保育園概要
連絡先

【学内連絡先】

TEL
06-6879-4154/内線4154
E-mail

【学内担当部署】

  企画部男女協働推進課男女協働支援係

TEL
06-6105-5989 (内線5989/9877)
E-mail

リレーコラム

<今日も元気で・・・>

 朝、子どもたちはお父さん、お母さんと一緒にレインボーガード内を歩きながら、「今日は何をしようかな!?」 と目を輝かせて登園して来ます。そして「おはよう!」と元気な声で挨拶をしてくれます。
さあ、これから子どもたちの保育園での一日が始まります。

 まず丸や長方形にカットされた窓から暖かい陽射しが差し込む長い廊下を通って、自分のお部屋(保育室)へと 入って行きます。部屋では友達や保育者とふれあい、共感しながら遊びます。時にはともだちと衝突することも ありますが、それを解決することも貴重な経験です。年齢が違うともだちと遊ぶ(異年齢交流)こともあります。 子どもたちにとってこの生活と遊びの経験こそが、考える力・理解する力・判断する力を養ってくれます。 また人として思いやりの心、温かい心を育むことへも繋がります。

 各部屋にはそれぞれテラスがあり園庭へ遊びに行くことができます。園庭には大型遊具だけではなく、砂場や 畑があり、遊びの中で創造するおもしろさ、労働の大切さ、収穫の喜びを感じることができます。
園内だけではなく園外へ散歩に出かけることもあります。キャンパス内には探索箇所がいっぱいあり、子どもたちには 魅力的な所です。樹木の変化を観たり、鳥や風のささやきを聴きながら自然の不思議や生命の偉大さを感じていきます。

 そして「ただいま!!」と帰園すると、とってもいい臭いが給食室から漂ってきます。おいしい給食と手造り おやつは子どもたちを笑顔にしてくれます。

 日頃元気な子どもたちも体調不良や転んですり傷をつくってしまうと、しょんぼりしてしまいますが、保健室で 看護師が優しく対応すると、安心した表情に変わります。

 皆で楽しんでいる内にお父さん、お母さんが仕事を終えお迎えに来られます。お父さん、お母さんが保育園に来て ほっとしていると、子どもたちが駆け寄ってきます。そして事務所で職員に手を振り「バイバイ」と言うと、 子どもたちの保育園での一日は終わりです。
    
 この毎日の繰り返しの中で子どもたちは確実に成長していきます。だからこそ職員はその成長を願い見守り ながら、子どもたちと同様に、日々元気に過ごしたいと思っています。

大阪大学たけのこ保育園
園 長  帯野 千登勢